中華エアガンを調整&チューニング!安心の3ヵ月無償修理保障付き!!

twitter facebook
Gunsmith BATON
0

現在カート内に商品はございません。

CATEGORY カテゴリ

  1. TOPページ
  2. お役立ちコラム
  3. エアガン分解:グロック( DRAGONFLY BSP )編

エアガン分解:グロック( DRAGONFLY BSP )編

ハンドガン(ガスガン)の分解方法は、電動ガンのライフルやマシンガンとは異なり、実銃の分解方法に近く簡単です。スライドを外してホップ調整をする必要がありますが工具不要ですし、通常のメンテはスライドからバレルを外してホップパッキンを交換する、調子が悪くなってきたら、スライドからブリーチを外してシリンダーを交換するというぐらいで、スライドを外すところまでで大丈夫です。

ここでは、グロック(CO2ガスブローバックのDRAGONFLY BSP )をモデルに分解方法を説明していきますが、ほとんどのガスブローバックハンドガンは同じやり方で分解できます。

スライドロックレバーを両側から下に押し下げながらスライドを引きます。

  • ガバメント(ハイキャパ)ではスライドロックレバーはなく、スライドストップレバーがスライドロックを兼ねていて、スライドをある程度引くと、スライドロックとのかみ合わせが外れる部分があるので、その位置で、スライドロックを抜くことでスライドが外れます。

いったんスライドを引いてから前に出すと、スライドが外れます。スライドロックを下げながらスライドを引くことでハンマーがコックされロックが解除されます。

リコイルスプリングガイドとリコイルスプリングを外します(グロックではこのように2つのパーツがユニット化されています)。

また、樹脂スライドのCO2GBB(CO2ブローバック)であるDRAGONFLY BSPは、その強烈なブローバックからスライドを保護するため、金属製のリコイルバッファー(緩衝部)がありますので、このパーツも外しておきます。

アウターバレルをいったん斜め前にだし、

後ろに引くことでアウターバレルが外れます。

チャンバーを外すためには、写真のように横に押してから後ろに引き抜きます。

DRAGONFLY BSPはアルミアウターバレルなので、わりと強めに横に押さなければずれません。

チャンバーとインナーバレルをアウターバレルから引き抜けました。ホップパッキンを交換するなら、ここまでの分解で大丈夫です。

ここから先の分解は普段は必要ありません。たまにシリンダー部にシリコンスプレーを吹いてオイル分を足してあげるだけで大丈夫です。

ブリーチを分解するには、スライド後部の精密プラスねじを外し、リヤサイトを取り外します。

これでブリーチを下部に引き抜けます。グロックの顔ともいえるスライド後端のスライドプレートを交換するときも、こうしてブリーチを取り外します。このときハウジングスプリングが外れるので紛失しないよう注意して下さい。

ブリーチを外すとシリンダーが前に引き抜けます。

DRAGONFLY BSPでリコイルが弱くなったときなど作動に不調を感じたときは、多くの場合、シリンダーの不調が原因なので、新品シリンダーへの交換をお試しいただければ幸いです。

電動ガンを安い価格でお探しなら「Gunsmith BATON」をご利用下さい

店名 Gunsmith BATON
住所 〒359-0012 埼玉県所沢市坂之下296
電話番号 04-2936-7670
メールアドレス info@gunsmithbaton.com

お役立ちコラム