ガスガン・グレネードランチャーに使用するガスの種類
[ HFC134a、HFC152a、CO2 12g カートリッジ ]

ガスガン・グレネードランチャーに使用するガスの種類

以前、ガスガン・グレネードランチャーはフロンガスを使用していましたが、地球温暖化対策のため1997年12月の京都議定書で温室効果ガスであるフロンガスの削減・生産中止が決まり、現在は代替フロンであるHFC134a、HFC154aが使われています。そして、近年では CO2 も脚光を浴びています。

【 HFC134a 】はガスガン用として広く流通しているガスです(東京マルイ ガンパワー、ウッドランド BB GAS、サンダーシュート TYPE R、SⅡS ガン・ボンベ等)。

一方、【 HFC152a 】は、温暖化係数がHFC134aの1/10程度と低いことから、より温暖化対策に適しているとされるガスです(LayLax ハイバレットガス、サンプロ エコシューテイングボンベ)。ただ、HFC152aはHFC134aよりも、若干、ガス圧が低く(サンプロ エコシューティングガスは圧力対策にHFC152aとCO2を混合)、また、可燃性ガスでもあります。

CO2 】は、実は温暖化係数が1であり、HFC134aの1430、HFC152aの124よりも、遥かに地球に優しいガスであると言えます。

代替フロンガス(HFC134a、HFC152a含む)は、2016年10月15日のルワンダ会議でのモントリオール議定書改定で「2036年までに先進国の生産量を85%まで削減する」と決められており、CO2は将来的に安定して使用できる次世代のガスガン用パワーソースであると言っても過言ではありません。

CO2は専用のCO2ガスブローバックガンで使用 [ DRAGONFLY BSP CO2GBB、SOPMOD M4 BSP CO2GBB ]

CO2は専用のCO2ガスブローバックガンで使用 [ DRAGONFLY BSP CO2GBB、SOPMOD M4 BSP CO2GBB ]

CO2は前述のように地球に優しいガスですが、従来の低圧ガスを使用するガスガンに使用すると日本の初速規制値(0.989J以下)を超えてしまうので違法であり、CO2(リキッドチャージ)は従来のガスガン・ガスブローバックガンには使用できません。

CO2を使用出来るガスガンは日本の初速規制に適合した専用設計のモデルだけであり、2016年現在、CO2GBB(CO2ガスブローバック)で日本の法律・初速規制に適合して販売されているのは、Marushin FN Five-seven CO2 Blowback [ ハンドガン ]、APS DRAGONFLY BSP CO2GBB [ ハンドガン:グロック ( Glock ) ]VIPER TECH SOPMOD M4 BSP CO2GBB [ ライフル ] です。

これらのCO2GBBで使用されるCO2 12gカートリッジ(MarushinではCDXカートリッジという名称)は、従来のガスガンとの互換性のないカートリッジ方式です。カートリッジなので途中での継ぎ足しは出来ず、一度セットすると最後まで撃ちきらなければ交換出来ないのは不便ですが、CO2ならば寒さに強く、四季のある日本の冬でもガスブローバックを楽しめるという利点があります。

エアガンを輸入している「Gunsmith BATON」

店名 Gunsmith BATON
住所 〒192-0085
東京都八王子市中町1-3ドン.キホーテ八王子駅前店 B1F
電話番号/FAX番号 042-649-8813
メールアドレス info@gunsmithbaton.com

お役立ちコラム

PAGE TOP